脱毛器 > 2分でわかる!家庭用脱毛器の基礎知識と選び方!

2分でわかる!家庭用脱毛器の基礎知識と選び方!




家庭用脱毛器の現状

3pun-datsumouki06.gif 現在家庭用脱毛器は、お手軽にムダ毛処理ができることや脱毛サロンに通うのに抵抗があるユーザーを中心に広がっています。

多くの方が家庭用脱毛器というと、レーザーの脱毛方法を思い浮かべると思いますが、主流はエステサロンと同様の光脱毛器(IPL脱毛)となっています。

光脱毛器が支持されている理由として、痛みの軽減と、高額だったIPL脱毛器(当時30万前後)の低価格化が考えられます。現在の価格は3万円から8万円程度に抑えられており、カートリッジの性能も上がったのでコストパフォーマンスに優れた機種も増えてきています。

光脱毛器が痛みを軽減したことによって、あらゆる部位を処理できるようになりました。女性だけでなく、男性のヒゲの処理もしやすくなっています。機能も進化して脱毛のみではなくなり、美顔・エステ機能を備えた機種も続々参入してきている状況です。

脱毛器 選びの3つのポイント!
1.コストパフォーマンス
2.使いやすさ
3.機能性





おすすめのモデルは次の3つ!

おすすめのモデルは下記の3つのモデル、比べると、性能面ではケノンがトップですね。6連射、2cm×3.5cmの広範囲照射面積、残量が分かるディスプレイ表示など、他のモデルにはない機能が備わっています。価格ではラヴィが他のモデルより、3万円程安くなっています。同水準でありながら、価格が抑えられているラヴィは購入しやすいでしょう。モーパプロは多機能で贅沢な一品です。カートリッジを交換することによって、フェイシャル・ボディケアなどが出来るようになります。

3pun-datsumouki07.jpg ケノン(KE-NON)
本体価格  79,800円
カートリッジ価格  7,700円(3,8万回/個)
ワンショット費用  約0.20円
照射面積  2cm×3.5cm

3pun-datsumouki08.jpg ラヴィ(LA VIE)
本体価格  4,9000円
カートリッジ価格  4,200円(2万回/個)
ワンショット費用  約0.21円
照射面積  3cm×2cm

3pun-datsumouki09.jpg モーパプロ(moopa PRO)
本体価格  78,000円
カートリッジ価格  6,300円(8,000回/個)
ワンショット費用  約0.78円
照射面積  3.1cm×2.1cm




性能面とコストパフォーマンスを比べた結論は?・・

ケノン(KE-NON)が性能、コスパともに一歩リード


   

3つのモデルの中で性能・コスパで選ぶなら、ケノンが頭ひとつ出ている状況です。楽天家電105万点の1位に輝く、人気・実力を兼ね備えた機種でもあります。

ケノンはイーモ、イーモリジュで実績のある企業エムロックが販売している最新の機種です。実績に裏付けされた信頼感と、性能がケノンが支持されている理由です。


性能面でみると、ケノンは業界初の6連射を実現しています。一回一回の肌への負担を軽くすることによって、肌に優しい脱毛が可能に。照射面積は2cm×3.5cmの広範囲を実現。広範囲になり照射回数を減らすことに成功しました。

さらにカートリッジの寿命も一個あたり3,8万回、ワンショット費用は0.20円と他のモデルより寿命が長いです。性能面だけではなく、大きなディスプレイ表示、カートリッジの残量表示など、使う人への気遣いも忘れていません。





脱毛器 TOPページ 脱毛器 レビューページ ケノン 口コミ モーパプロ 口コミ センスエピ 口コミ エスピル 口コミ トリアプラス 口コミ ノーノーヘア 口コミ イーモリジュ 口コミ イーモ 口コミ トリア 口コミ

更新 【NEW!】

登録しておくと、次回ご覧になる時に便利ですよ☆



管理人ブログ(脱毛器口コミ情報局)

脱毛器 Q&A 脱毛器 豆知識
google